生命保険

終身保険は不要!?料率改定で改悪された終身保険について

保険料の値上がり

投資には億劫な日本人も、生命保険の加入率は高いです。

しかしライフプランナーに言われるがまま何となく加入していて実は非常に勿体ないのが、独身者の終身保険の加入です。

「将来は年金代わりとしても受け取れるように、終身+貯蓄のセットのプランで充実した保険にしましょう!」

という謳い文句で商品を展開しており、 顧客もそれに納得し終身保険に入る方が大半です。

2つのニーズを一度に満たせるので一見良い商品に見えますが、基本的に「保障」と「貯蓄」は切り分けて考えるべきです。 続きを読む

学資保険とは?税金対策もできるお得な特徴まとめ

学資保険

学資保険とは

学資保険とはその名の通り、将来子供の教育にかかる費用を貯めることを目的とした保険で、誰もがいつでも入れる保険ではありません。また基本的な仕組みは他の生命保険とあまり変わらず、定められた保険料を毎月払い続けることで、他の保険と同様に、満期時に「祝い金」や「満期学資金」として給付金を受け取ることができます。

学資保険への加入は義務ではありませんが、子供の将来へ向けて学費を積み立てていく上では非常に重要な保険と言えます。今のうちに知識をつけておくことで、将来子供ができた際に自分たちに合った保険を選べるようになりましょう。

続きを読む

終身保険とは?目的別の使い分け方

終身保険とは

終身保険とは

終身保険は生命保険の一種です。生命保険といえば、被保険者が万が一死亡してしまった時や高度障害状態になった時に保険金が支払われる仕組みを持った保険です。他にも定期保険や養老保険が含まれます。また特約をつけることで、別々に加入するよりも割安の保険料で保障を手厚くすることができます。

終身保険は、その保障が一生涯続くことが最大の特徴です。もちろん、解約してしまえば保障は失われますが、その際にも解約返戻金を受け取ることができます。

続きを読む

養老保険とは?知っておきたいメリット・デメリット

保険には2種類あり、満期時に保険料が一切返ってこない「掛け捨て型」と、満期時に保険料が全額返ってくる「積立型」があります。養老保険はこの「積立型」にあたります。契約をしている期間は一定の保障があり、契約が満期になった際は死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができるのです。

 

養老保険は文字どおり、老後のための保険なので契約満期が60歳前後になるように設定されています。途中解約しなければ、支払う保険料よりも死亡保険金もしくは満期保険金の方が高いので、死亡保障をつけながら貯金を積み立てられる保険です。

続きを読む

死亡保険は不要!?知らずに加入している団体信用生命保険について

死亡保険は不要!?知らずに加入している団体信用生命保険について

===============================================

前回、保険の考え方として以下の4点があるとお伝えしました。

①生 ( 何事も無く生きていく時のためのもしもの備え)

②老 ( 老後の生活のための備え)

③病 ( 病気になったときの備え)

④死 ( 死亡して残された身内への備え)

また、これらが、昨今の生命保険の保障名称に置き換えると、主には以下のような表現になるかと思います。メジャーどころの表記です。

================================================

続きを読む

医療保険の特徴と種類まとめ

医療保険

社会人になり親の扶養を抜けると、避けては通れないのが保険問題です。どの保険に加入すればいいのか、自分にはどんな保障が必要なのか。若い方には、いまいちピンとこないのではないでしょうか。保険の営業マンに勧められるまま、不要な保険に入ってしまうことにもなりかねません。社会に出てからは全てが自己責任です。必要な保険は自分で見極められるようになりましょう。そこで今回は主要な保険制度を紹介していきます。

 

医療保険とは

数ある保険の中で最も有名なのが、医療保険です。医療保険には「公的」なものと「民間」のものがありますが、国民皆保険制度により公的保険制度にはすべての人が加入しています。通院時の自己負担が3割になるのは、この医療保険に加入しているためです。また、公的医療保険にも様々な種類があり、会社員の方は健康保険、公務員の方は共済組合、主婦や自営業の方は国民健康保険に加入しています。

 

公的医療保険の主な保障は以下の通りです。

続きを読む

生命保険と福沢諭吉

生命保険と福沢諭吉

日本で最も高価な紙幣(1万円札)に描かれている「福沢諭吉」。

 

知らない日本人は誰も居ないでしょう。

 

ですが、実際、何をした人?と首をひねる方も多いかもしれません。そんな隠れた秘密を紐解いていきたいと思います。

 

さて、最も身近な将来への備えである「生命保険」。今ではほとんどの方が加入していると思います。

 

客観的データによれば、

日本の生命保険業界の市場規模は、約40兆円(年間の生命保険料ベース)となっており、米国に次いで世界第2位の規模との事です。また、日本の生命保険の「世帯加入率」は90.5%との事で、言わずと知れた「保険大国」という事が分かります。

続きを読む

外貨建て終身保険の利率が低い件について

保険料がジリジリと値上がっていることはご存知でしょうか?

今、ご自身で何らかの生命保険に加入しているならば、定期的に内容の確認・見直しはされた方が賢明かと思います。

 

 

生涯のライフステージにおいて、その時その時で最適な生命保険は異なりますし、完全お任せ型の生命保険は存在しないものと捉え、無駄は出来るだけ省き上手に活用していきましょう。

 

 

さて、老後への備え(長生きしてしまう事への備え)として、期待薄な退職金、年金の肩代わりとなる保険は慎重に考えるべきです。

 

以下、国内生保業界のプロ100人が激選した、『【最新】保険ランキング2017年・下半期』によれば、

続きを読む