学資保険とは?税金対策もできるお得な特徴まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学資保険

学資保険とは

学資保険とはその名の通り、将来子供の教育にかかる費用を貯めることを目的とした保険で、誰もがいつでも入れる保険ではありません。また基本的な仕組みは他の生命保険とあまり変わらず、定められた保険料を毎月払い続けることで、他の保険と同様に、満期時に「祝い金」や「満期学資金」として給付金を受け取ることができます。

学資保険への加入は義務ではありませんが、子供の将来へ向けて学費を積み立てていく上では非常に重要な保険と言えます。今のうちに知識をつけておくことで、将来子供ができた際に自分たちに合った保険を選べるようになりましょう。

学資保険の目的

学資保険の大きな目的は、子供の大学費用など大きなお金が必要となるタイミングを満期とすることで、満期の際に受け取る給付金を子供の教育費に充てることです。

保険料は毎月一定の金額を払うことになるため、強制的に貯金をすることができる点と、金利は高い商品で110%超と、普通預金よりも金利が高いので、貯金しながら資産を安定的に増やせる点で人気の保険となっています。

また契約者である親に万が一のことがあった場合、満期時に受け取る予定だった給付金を満額で受け取れるのはもちろん、今後の保険料は全て免除になります。そのため、親に万が一のことがあっても子供の生活に心配する必要はありません。

商品によっては、子供が病気または怪我をした際にも給付金を受け取ることができるものや、他人の子供を怪我させてしまった場合にも保障してくれる商品まであります。

 

また給付金を受け取るタイミングや回数は選ぶことができ、主に2パターンに分類されます。

 

  • 入園や入学など、子供の成長に合わせてこまめに受け取る
  • 大学入学など、大きなお金がかかる時に合わせてまとめて受け取る

 

①の「こまめに受け取る」場合だと、②の「まとめて受け取る」に比べて返戻率(支払う保険料の総額に対して、受け取る「満期給付金+祝い金」の割合)が低く設定されています。これは、運用に回す予定だったお金を給付金として契約者に渡してしまうため、必然的に返戻率が低くなってしまうためです。

しかし損する訳ではないので、こまめに給付金を受け取れる方が助かる場合は①をオススメします。さらに受け取り時に据え置き(給付金を受け取らずに、次回に受け取る)を選択した場合は、その分を運用に回してもらえるため、返戻率が少しアップします。

 

 

学資保険に加入する時期

学資保険の保険料を決める際の条件のうちの一つに、契約者(親)と被保険者(子供)の年齢が考慮されます。一方でも若い方が支払う保険料が安くなるため、加入時期はなるべく早い方が良いです。

しかし子供が7歳~9歳くらいになると加入できなくなる商品もあるため、加入を検討して迷っている人は、検討している商品が何歳まで加入可能なのかチェックするようにしましょう。

加入は早ければ妊娠中から可能で、出産140日前から加入できます。保障は契約した時点から適応されるため、親が万が一亡くなった場合や高度障害状態と診断された場合は、満期時に受け取る予定だった給付金を満額受け取ることができ、さらに以後の保険料支払いも免除されます。

 

学資保険で税金が安くなる?


学資保険に加入した場合、支払う保険料は生命保険料控除(支払った生命保険料に応じて、一定の金額が所得から引かれることで税金が軽減される制度)の対象となります。主に軽減されるのは、所得税と住民税です。これは給与などの所得に一定の税率をかけることで所得税が決定され、所得控除によって課税の対象となる所得が下がることで税金が軽減される仕組みです。

ただし平成22年度税制改正によって、平成24年1月1日以後に契約した保険からが対象になります。これから契約する人は心配しなくて大丈夫です。

 

保険料には3パターンあり、それぞれ以下のように分類されています。

 

一般生命保険料…死亡保障・医療保険が中心

個人年金保険料…個人年金保険

介護医療保険料…医療保険・がん保険・介護保険

 

その中で、学資保険は「一般生命保険料」に分類されます。学資保険の保険料控除について詳しく知りたい人は「一般生命保険料控除」について調べると、申告方法など詳細について知ることができます。

 

また学資保険は満期時に「祝い金」や「満期金」として給付金が受け取れ、所得税の対象となりますが、所得税の中の「一時所得」に分類されるため、基本的に税金はかかりません。

 

ただし支払った保険料よりも満期で受け取った給付金が50万より多くなる場合は注意が必要です。一時所得には特別控除額が50万あるため、増えた金額が50万以下であれば課税対象にはならないのです。積み立て金額が大きい場合は、増える金額も大きくなることが予想されるので課税の対象となる可能性があります。

また学資年金の名目で受け取る場合、一時所得ではなく雑所得に分類される可能性があるため、こちらも課税の対象となる可能性があります。

契約の際は受け取り時のことも考え、計画的に資産を増やしましょう。

 

まとめ

学資保険はお子さんやお孫さんの将来のために、家計の強い味方になってくれます。最近では高校や大学では奨学金を用意してることも多いですが、まだまだ負担は大きいままです。資金が多ければ、留学させてあげたり、本人が希望する学校に入れてあげたりと、将来の選択肢も幅広くなります。今のうちから賢く備えて、夢を応援できる大人でありたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*