養老保険とは?知っておきたいメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険には2種類あり、満期時に保険料が一切返ってこない「掛け捨て型」と、満期時に保険料が全額返ってくる「積立型」があります。養老保険はこの「積立型」にあたります。契約をしている期間は一定の保障があり、契約が満期になった際は死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができるのです。

 

養老保険は文字どおり、老後のための保険なので契約満期が60歳前後になるように設定されています。途中解約しなければ、支払う保険料よりも死亡保険金もしくは満期保険金の方が高いので、死亡保障をつけながら貯金を積み立てられる保険です。

養老保険の特徴

・契約期間内は死亡保障が適応

養老保険には死亡保障が付いており、被保険者が死亡もしくは高度障害になった際に死亡給付金を受け取ることができます。

もし契約した次の日に死亡した場合でも、死亡保険金をしっかりと受け取ることができます。今後必要となる金額を満期保険金として設定しておくことで、万が一のことがあってもお金に慌てる心配はありません。

 

・貯蓄の代わりになる

契約した期間内に死亡せず契約が満期となった場合は、死亡保障がなくなる代わりに、死亡給付金と同額の満期給付金を受け取ることができます。そのため万が一の時に備えて保険をかけつつ、満期になれば支払った保険料以上の満期給付金を受け取れるので、貯蓄の代わりとして利用される方も多いです。

また毎月強制的に保険料が引かれるため、貯金が苦手な人でも無理なくお金を貯めることができます。

 

・契約期間と目標金額が選べる

養老保険は契約時に満期保険金の額と契約期間を定めます。そして定めた満期保険金の額に応じて保険料が割り出される仕組みとなっています。

また契約期間は何年間保障するのかといった、「年」を単位とするものと、何歳まで保障するのかといった「歳」を単位とするものがあります。

 

【年を単位とするもの】

3年、5年、10年、15年、20年、25年、30年

【歳を単位とするもの】

50歳、55歳、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳

 

退職時期や子供の大学入学や結婚祝いなど、大きなお金が必要になる時期に合わせて満期を設定することで、満期保険金を貯金として有効活用することができます。

また保険料は毎月支払う必要があるため、貯金が苦手という人でも強制的にお金を貯めることができます。

 

・学資保険としても使える

契約期間や満期保険金を自由に定められるため、大きなお金が必要となる時期に合わせて養老保険で資産形成することができます。

例えば子供の学費で一番お金がかかるのは、大学入学時です。大学入学時に必要となる金額をあらかじめ計算し、入学のタイミングに合わせて満期保険金を受け取れるようにすれば学資保険としても機能させることができます。

また前述したように、契約満期前に被保険者が亡くなった場合でも死亡保険金が受け取れるため、貯めたかった金額をしっかりと受け取ることができます。

 

・払込方法は2種類

保険料の支払方法には2種類あり、毎月もしくは毎年という単位で定期的に支払う「有期払」と、契約時に保険料の全額を支払う「一時払」があります。しかし一時払にしてもメリットは特にないため、ほとんどの方が有期払にしています。まとまったお金を運用に回せるのであれば、終身保険など、もっと利率が高い保険に加入した方が良いです。

 

養老保険のデメリット

 

・途中解約すると損する可能性がある

途中で解約した際に戻ってくる保険料を「解約返戻金(かいやくへんれいきん)」と呼びます。養老保険は死亡給付金や満期給付金が充実している一方、途中解約となると元本割れのリスクがあります。

そのため途中で別の保険に切り替えたくても、なかなか踏み切れない人がほとんどです。保険料が書く、月々の負担が重いという理由で解約する人が多いですが、元本割れのリスクを考慮した上で、別の保険に切り替えるべきかを慎重に考えましょう。

 

・死亡保障は一生ではない

養老保険は満期までの一定期間は死亡保障が適応されますが、満期を迎えると満期給付金と引き換えに死亡保障がなくなってしまいます。満期給付金を別のことに使ってしまえば、もちろん死亡時に家族へ遺せるお金に困ってしまいますよね。

 

・金利が固定のためインフレリスクに弱い

養老保険の予定利率は契約時のレートで固定されているため、契約時の市場利率が1%であれば、それがずっと適用されている状態です。もし30年後に市場利率が10%まで上がっていたとしても契約時の利率が適応されているため、1%のままとなってしまいます。

 

養老保険は契約期間と金額を自由に選べる保険のため、銀行の普通預金や定期預金で積み立てるくらいなら、養老保険を選んだ方が、死亡保障がついているため有利といえます。

その代わり予定利率と金利が非常に低く設定されているため、資産を大きく増やしたいという人には向いていません。その場合であれば、金利が高い終身保険の方が向いていると思われます。

あくまで養老保険はローリスク・ローリターンという安定した資産形成に適した保険です。大きく資産を増やすことはできませんが、ローリスクで確実に貯金を増やすことができます。今後のライフイベントに合わせて、その都度必要となる金額を計算し、養老保険を活用することで無理のない貯金を始めてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*