医療保険の特徴と種類まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
医療保険

社会人になり親の扶養を抜けると、避けては通れないのが保険問題です。どの保険に加入すればいいのか、自分にはどんな保障が必要なのか。若い方には、いまいちピンとこないのではないでしょうか。保険の営業マンに勧められるまま、不要な保険に入ってしまうことにもなりかねません。社会に出てからは全てが自己責任です。必要な保険は自分で見極められるようになりましょう。そこで今回は主要な保険制度を紹介していきます。

 

医療保険とは

数ある保険の中で最も有名なのが、医療保険です。医療保険には「公的」なものと「民間」のものがありますが、国民皆保険制度により公的保険制度にはすべての人が加入しています。通院時の自己負担が3割になるのは、この医療保険に加入しているためです。また、公的医療保険にも様々な種類があり、会社員の方は健康保険、公務員の方は共済組合、主婦や自営業の方は国民健康保険に加入しています。

 

公的医療保険の主な保障は以下の通りです。

・治療費の自己負担:義務教育就学前・70歳以上(一定以下の所得) 2割

それ以外 3割

・高額療養費制度:1ヶ月の医療費の自己負担額が一定以上の場合に超過分が払い戻される制度。

・傷病手当金:業務外の事由での病気や事故で働けなくなった期間への手当金。

 

やはり公的なものである分、最低限の保障は抑えられているように見えます。しかし、すべての治療費をまかなえる制度ではないため、手術や入院などを必要とした大きなトラブルには不安が残ります。そのため、民間の医療保険にはそうした金銭的な不安を埋めるような保障制度が充実しています。

 

一般的な保障は以下の通りです。

 

・死亡保険金

・高度障害保険金

・入院保険金

・手術保険金

・通院保険金

・先進医療保険金

 

他にも様々な保障が用意されており、その組み合わせから自分にあった医療保険を選ぶことになります。

 

民間医療保険の強み「給付金」

医療保険の構造についてはご理解いただけたと思います。ここで、民間の医療保険でよく耳にする「給付金」について詳しく説明していきます。

医療保険における給付金は主に「入院給付金」と「手術給付金」の2種類です。

 

入院給付金は、怪我や病気によって入院した日数に乗じて金額が決まります。金額は1日数千円程度が一般的です。また指定の日数以上入院しないと給付されない場合もあるので、医療保険に入る前にしっかりと確認しておきましょう。

 

手術給付金は、指定された手術を受けることで給付の対象になる給付金です。その金額は入院給付金に手術の重さに応じた倍率を掛けた金額になります。さらに保険適応外の手術でも、給付金の対象になる場合があります。

若い方にとっても手術や入院は身近なトラブルです。日頃の保険料の分、手厚い保障を期待したいところです。しかし入院給付金を高くすると、もちろん毎月の保険料も高額になってしまいます。

 

医療保険の構造

ここまで保険の保障内容について簡単に紹介してきました。保険というのはどういうことを指しているのか、ある程度イメージできてきたと思います。では、実際に契約するのはどのような商品なのでしょうか。ここからは保険の商品全体について説明していきたいと思います。

 

主契約+特約

医療保険というのは基本の契約内容である「主契約」とニーズに合わせて手厚い保障を受けられる「特約」から成り立っています。また特約は任意で追加するもので、それ単体では契約することができません。以下は特約での主な種類になります。

 

・通院特約

・先進医療特約

・生活習慣病特約

・がん入院特約

・三大疾病特約

・健康祝金特約

 

このように特約には様々なものがあります。また、保険会社によって加入できる特約には大きく違いがあるので、比較・検討する際に確認すべき項目でもあります。

 

医療保険の種類

実際の医療保険は保険料や保障期間、加入者の属性等によって幾つかのタイプに分けられています。ここからはその種類と特徴について紹介していきます。

 

  • 終身医療保険

保険料が一定で、一生涯保障されるタイプの医療保険です。また解約した場合でも、解約返戻金が戻ってくるため、貯蓄を兼ねることもできます。保険料は年齢に応じて変動しますが、契約時の保険料がずっと適応されるので、若いうちから加入しておくのがオススメです。

  • 定期医療保険

保障が一定期間で、更新ごとに保険料が上がっていくタイプの医療保険です。①よりも保険料は割安ですが、返戻金はありません。

  • 女性向け医療保険

女性特有の病気になった際の給付金が、一般的な医療保険と比べると保障が1.5~2倍と手厚く保障されています。これにも一生保証される終身型と、保障期間が定められている定期型があります。

  • 引受緩和型医療保険

保険加入時の条件が緩和されたタイプの医療保険です。保険料が割高である等のデメリットがあります。

  • 無選択型医療保険

無審査で誰でも加入できるタイプの医療保険です。④よりさらに保険料が高くなっています。

  • 貯蓄型医療保険

保険料が返ってこない「掛け捨て型」と対比される、満期時の返戻金や健康祝い金として保険料が帰ってくるタイプの保険です。

 

今回は医療保険全体を簡単に説明してきました。保険会社やプラン毎にも内容は異なり、とても複雑になっています。大切なのはしっかりと自分の責任で内容を確認し、納得の上で契約することです。自分のライフプランやライフステージに合った保険を、しっかりと考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*